Sustainability サステナビリティ

社会との関わり

人権方針

当社グループは、経営理念「IDentity」の中で「 waku-wakuロゴ する未来創りに参加します」を掲げています。

グローバル化が進展していく中で、SDGsに関する社会の発展や、当社グループが掲げる「 waku-wakuロゴ する未来」を実現するため、自らのすべての事業領域において人権尊重が前提とならなければならないと認識しています。当社グループは、人権尊重の取り組みのさらなる強化のため、2019年4月に以下人権方針を制定いたしました。

IDグループ人権方針

IDグループの人権尊重への考え方

IDグループでは、あらゆる事業活動および自らの製品・サービスを通じ、ステークホルダーの人権に対してさまざまな影響を及ぼす可能性があることを認識しています。

人権に関する次の国際規範を尊重・支持し、『IDグループ人権方針』(以下、本方針)を定めるとともに、事業を行うすべての国において本方針に則った事業運営を行います。

  • 「国際人権章典(世界人権宣言と国際人権規約)」
  • 「労働における基本的原則および権利に関するILO宣言」
  • 「国連グローバル・コンパクトの10原則」
  • 「ビジネスと人権に関する国連指導原則」

適用範囲

本方針は、IDグループのすべての役員および従業員に適用されます。
IDグループの経営陣は、この人権方針を率先し実践します。
また、IDグループの業務に関わるビジネスパートナーおよびその他お取引先様に対しても、本方針内容の支持とこれに基づく行動を期待し、本方針の周知および遵守への働きかけを行います。

方針の位置づけ

本方針は、IDグループの経営理念である『IDentity』を補完し、IDグループの人権尊重に関する取り組みをより具体的に示すものです。
本方針は、社外からの専門的助言を受けて策定しており、株式会社インフォメーション・ディベロプメント取締役会において承認を受けています。

人権尊重へのコミットメント

IDグループは、次に定める事項を遵守し、事業活動を通じ影響を受けるあらゆるステークホルダーに対する一切の人権侵害を行いません。
万一、人権に関する負の影響が生じた場合は、適切かつ責任ある措置を講じるよう努めます。

  1. あらゆる事業活動において、ステークホルダーの基本的人権を尊重し、人種、民族、性別、言語、宗教、信条、国籍、出身地、社会的出身および身分、財産、障がい、性的指向などを理由とした、一切の差別や人権侵害を行いません。
  2. 事業活動を行う各国・各地域における法規制を遵守します。当該国および地域の規準が国際的人権規準と相違がある場合は、より高い規準を尊重するように努めます。
  3. 自らの事業活動領域はもとより、バリューチェーンにおいても、あらゆる形態の強制労働および児童労働を認めません。
  4. 事業活動による人権への負の影響を特定・評価し、防止・軽減するために、「国連ビジネスと人権に関する指導原則」に基づき、人権デュー・ディリジェンスを実施します。
  5. 人権に関わる影響について適切に把握し対応するため、関連するステークホルダーと対話・協議を行います。
  6. すべての役員・従業員に対し、本方針の浸透を図るとともに、人権尊重に関する教育を行います。
  7. 職場における機会均等推進に努め、ダイバーシティ&インクルージョンを推進します。
  8. 従業員の安全と健康に配慮し、働きやすい環境づくりに努めます。

以上

人権尊重推進体制

グループ全体での取り組みを推進するために、以下の組織が中心となり、問題の切り分けをしながら、両部が連携し、人権尊重の取り組みを推進しています。

  • コンプライアンス部:コンプライアンス全般、ハラスメント全般を担当
  • グループ人事部:人権全般、労務全般を担当

相談・通報窓口の設置

当社グループでは、グループ内外向けに人権を含むコンプライアンス違反に関する相談・通報窓口を備えています。相談者・通報者の秘密保持および相談者・通報者が不利益な扱いを受けないことを保証しています。

人権教育の実施

当社グループでは、IDグループ全社員(役員・パート・アルバイト含む)、およびパートナー(当社常駐)を対象として、コンプライアンス勉強会を年二回実施しており、この中で人権に関する研修を行っています。近年の実施実績は以下の通りです。

2020年度下期コンプライアンス勉強会

受講実績:IDグループ総計3682名 (休職者を除き全役職員が受講)

  • リモートハラスメント
    テレワーク時でのハラスメントについての事例や防止方法

2019年度下期コンプライアンス勉強会

受講実績:IDグループ総計3542名 (休職者を除き全役職員が受講)

  • 妊娠・出産、育児・介護休業等に関するハラスメント

2018年度下期コンプライアンス勉強会

受講実績:IDグループ総計3660名 (休職者を除き全役職員が受講)
人権関連の研修テーマ

  • LGBT
  • セクシャルハラスメント

2017年度下期コンプライアンス勉強会

受講実績:IDグループ総計3776名 (休職者を除き全役職員が受講)
人権関連の研修テーマ(ハラスメント)

  • 妊娠・出産、育児・介護休業等に関するハラスメント
  • パワーハラスメント
  • セクシャルハラスメント

2016年度下期コンプライアンス勉強会

受講実績:IDグループ総計3016名(休職者を除き全役職員が受講)
人権関連の研修テーマ(雇用と人権)

  • 性差別
  • 年代による差別
  • 障害者差別
  • 国籍による差別
  • 同和問題

従業員意識調査の実施

2019年にIDグループは創立50周年を迎えるにあたり、2011年以来の全社員アンケートを実施いたしました。
海外を含めた2000名以上の社員から回答を得ました。
「経営理念「IDentity」への共感」や「コンプライアンスへのコミットメントの認識」は高く、「隠されている問題はない」「風通しの良い職場」の大きな改善につながりました。
一方、「信頼される誠実なグループ・会社」「自分の仕事・業務への誇り」は改善されているものの、他社平均より低く、今後取り組むべき課題といたします。

顧客満足(CS)

CS(顧客満足)方針

品質方針※一部抜粋

顧客満足度の向上
当社グループは、お客様から受託した製品・サービス等の品質のいっそうの向上に努め、真に信頼される企業を目指してまいります。

品質方針全文

CS(顧客満足)推進体制

ISO9001認証取得

CS(顧客満足)調査の実施

当社グループでは、お客様への提案から、受託した製品・サービスの納品・提供に対する顧客ニーズの充足度合について調査(情報収集)を行っています。その結果を分析し、抽出された問題の是正や、継続的改善を行うことで、品質レベルを向上させることを目的としています。

顧客満足度調査の実施は、各事業部門の品質管理部署である業務プロセス改革部が行っています。各部門は毎年顧客満足の目標値を設定し、顧客満足度の向上に取り組んでいます。

アフターサービス

当社グループでは、製品やサービスに万が一不良などが発生した場合、個々の契約内容に応じて適切なアフターサービスを実施しています。

情報セキュリティ管理

情報セキュリティ管理方針

当社グループでは、お客様やお取引先さまからお預かりしている、大切な情報、機密情報、および個人情報等の情報資産を適切に管理することに努めます。

情報管理基本方針
プライバシーポリシー

情報セキュリティ管理体制

情報資産を適切に処理するため、当社グループでは、情報セキュリティ管理体制を整えています。各種情報資産に適切なマネジメントシステムを構築する事により、円滑に管理しています。

情報セキュリティマネジメントシステムの取得
個人情報保護マネジメントシステムの取得

GDPR(欧州一般データ保護規則)対応

当社グループでは、GDPR(欧州一般データ保護規則)に対し、以下のような対応を行っています。

  1. GDPR関連の社内規程の制定
  2. GDPR関連帳票の制定
  3. EU域内の駐在員事務所に対するGDPR遵守状況の確認を含む内部監査の実施
  4. EU域内の駐在員事務所を含む、日本の個人情報保護規程の厳格な適用
    (プライバシーマーク要求事項に準拠)
  5. 従業者に対するGDPR関連の教育実施

コミュニティへの参画およびコミュニティの発展

基本的な考え方

当社グループでは、SDGsの観点からさまざまな人が互いに尊重し支えあう社会づくりを目指しています。さまざまな支援や、地域雇用の促進により持続可能な発展の一助を担っています。

IDグループのCSR活動紹介動画

障がい者雇用の促進 特例子会社「愛ファクトリ―」

鳥取に拠点を構える「愛ファクトリ―株式会社」は、障がい者雇用促進を目的に、2014年にIDのグループ会社として設立し、2016年には、特例子会社の認定を受け、閉鎖型の植物工場というスタイルで葉物野菜栽培を行っております。

※愛ファクトリーのHPはコチラ

鳥取県鳥取市青谷にある閉校となった小学校を改装し、農薬を使わない安全安心な野菜栽培に励んでおります。

生産しているのはレタスやバジル、ルッコラのようなお馴染みの野菜から、南アフリカ原産の塩生植物「アイスプラント(青谷クリスタル)」や、各種ハーブ野菜を栽培しております。

アイスプラントは、塩分を好んで吸い取る性質があり、愛ファクトリーでは、海水を与えることによりさらに瑞々しく爽やかな塩味が口の中に広がります。

愛ファクトリーで栽培した野菜は、地元のホテルなどの他、県外の高級レストランなどにも納品しております。

従業員のボランティア活動支援

当社グループでは、環境保全や災害支援の分野において、従業員が自主的に活動できるように、ボランティア休暇制度を設けています。活動にかかる交通費や宿泊費など、従業員がボランティア活動に集中できるよう支援を提供しています。また、自社においても社会を取り巻く多くの課題解決に向けた活動を企画、運営しています。

2020年11月 東湖清掃活動(ID武漢)

ボランティア活動1

2020年10月 青谷海岸ボランティア清掃実施(愛ファクトリー)

ボランティア活動2

地域雇用の促進

2020年11月に鳥取県への本社業務の一部移転を致しました。
当社グループは、ニューノーマル適応計画を掲げ、東京本社に一極集中するリスクの回避や生産性向上にむけて、山陰事業部を活用した業務プロセス改革を推進しています。
また山陰にて「ID クラウドマネージドセンター」を設立し、クラウドやリモートを活用したシステム運用や監視、ソフトウェア受託開発の業務拡大に向けて取り組んでいます。

技術開発および企業支援

慶應義塾大学との協業・支援

インフォメーション・ディベロプメント社では、サイバーセキュリティ分野およびデータセンターのOS技術において先進的な研究を行っている、慶應義塾大学 河野研究室と技術情報の共有等について合意しました。今後両者共同し、サイバーセキュリティ分野を注力ビジネスと位置づけ、日本ならびにグローバルでのサイバーセキュリティソリューションの発展をさらに推進していきます。

ベンチャー・カフェ東京の支援

ベンチャー・カフェ東京は、起業家や投資家、研究者など、多様なイノベーターたちが集まるアジアで初めての拠点です。イノベーションを創出するエコシステムの構築や、創出プロセスの促進・強化を目的として設立されました。

当社グループは、イノベーションを推進する企業として、ベンチャー・カフェ東京の運営支援をするとともに、シーズの発掘や当社事業とのシナジーが期待できる主体と連携することにより、当社事業の成長や日本発のイノベーション創出に貢献してまいります。

技術開発・企業支援

教育および文化等支援

尼僧学院への支援

2019年より海外グループ拠点のひとつであるミャンマーにおいて、食事や文具の提供、教師の給与面でのサポートなどを行なっています。Thandi Thuka尼僧学院は、小学生から高校生までの孤児たちが寄宿生活を送りながら併設する学校で日々学ぶ場所です。

Thandi Thuka尼僧学院は政府認定校ですが、寺院と地域の寄付により運営されており、当社グループは、これからの未来を担う子どもたちの教育に対する支援を続けてまいります。

教育支援 教育支援

ミャンマーにおける技術者養成学校の運営

インフォメーション・ディベロプメント ミャンマーでは、将来を担うIT関連技術者を養成する養成学校を運営しています。トレーニングを受けた卒業生は当社グループの拠点にて就職をするなど、人材の育成支援に力を入れています。

情報オリンピック日本委員会への協賛支援

当社グループでは、特定非営利活動法人「情報オリンピック日本委員会」を協賛支援しております。
当団体は、日本情報オリンピックを主催し,国際情報オリンピックに日本代表選手を派遣する事業を軸に,数理情報科学教育に貢献するための諸事業を実施しています。
国際情報オリンピックの目的の一つは、情報科学[informatics, computing science]への関心を高めることです。これに加えて、様々な国・地域から卓越した才能を持った生徒たちを一ヶ所に集めて、生徒たちにその科学的な経験や文化的な経験を互いに共有する場を提供することも重要な目的となっています。
当社グループはこの活動に賛同し、将来の社会の発展を担う貴重な人材の発掘・育成に寄与しております。

島根大学 岩宮教授の次世代育成支援

当社グループでは、心理療法の現場から、少子化の現代を生きる子どもたちの健全な精神の発達と、その成長に関わる大人たちが直面している問題について考察する、臨床心理士・岩宮恵子氏の研究を支援しています。

直近では、2017年7月の熊本地震により震災後の心のケアをするため箱庭療法(※)が取り入れられました。健全なメンタルヘルスケアを通じて社会への貢献をしていきます。

※箱庭療法とは、心理療法の一つであり、心理相談、法務臨床、精神科・小児科等の医療、さらに学校教育等、さまざまな領域における心理臨床活動に広く施行されています。具体的には、セラピストが見守る中、クライアントが自発的に、箱の中にミニチュアを置き、自由に表現し、遊ぶことを通して行う療法です。

岩宮恵子 プロフィール

聖心女子大学文学部卒業。島根大学教育学部教授。臨床心理士。 著書に、『フツーの子の思春期――心理療法の現場から』(岩波書店)、 『生きにくい子どもたち――カウンセリング日誌から』(岩波現代文庫)、 『思春期をめぐる冒険――心理療法と村上春樹の世界』(新潮文庫)、 『好きなのにはワケがある:宮崎アニメと思春期のこころ』(ちくまプリマー新書) 『増補 思春期をめぐる冒険:心理療法と村上春樹の世界』(創元社)など。

鳥取県未来人財育成基金

当社グループでは、地方の人材育成を支援するため、「鳥取県未来人財育成基金」に寄付を行っています。鳥取県は産業界と協力して「鳥取県未来人材育成基金」を設置。県内に就職する大学生と卒業生の奨学金返還への助成制度を設け、未来を担う人材確保を推進し、これを支援しています。

シニア向けパソコン教室

当社グループでは、毎年行われている千代田区主催のシニア向けパソコン教室において、高齢者の方へ、パソコン教育を実施しています。コンピュータ操作をわかりやすく身近なものに感じて頂くため、支援をしています。

中国における大学支援(奨学制度、研究支援)

中国有数のIT産業拠点である湖北省武漢市にある華中科技大学において、2006年9月より奨学金制度を創設しました。主に経済的理由により修学困難とされる学生に対する援助を目的とし、フィランソロピーの取り組みの一環として多くの学生に奨学金を授与してきました。

中国武漢に拠点を置く企業市民として、奨学金制度をはじめ、今後もさまざまな活動を通して現地との良好な関係をさらに強固にしていきたいと考えています。

留学生の社員寮への受け入れ

当社グループでは2011年より継続的に、日本へ学びに来る世界各国からの留学生に向けて社員寮への受け入れを実施しています。これは公益財団法人留学生支援企業協力推進協会が世界各国と日本との相互理解の促進を目的に立ち上げた「社員寮への留学生受け入れプログラム」への支援の一環です。

入居している留学生が充実した留学生活を送れるよう、寮内のイベント交流なども行うなど、当社グループはこれからも留学生の受け入れを積極的に取り込んでいきます。

芸術文化活動支援

当社グループではCSRの一環として、メセナ活動を行っています。優れた芸術や文化、音楽をより多くの人々が楽しめるようさまざまな芸術・音楽活動を支援しています。音楽活動では、コンサートやリサイタルを開催するなど積極的に支援、協賛を行っております。

芸術文化支援

日本フィルハーモニー交響楽団への支援

当社グループでは、日本フィルハーモニー交響楽団を支援しております。
当団体は、1956年の創立以来、日本を代表するオーケストラとして質の高い演奏をより多くの皆様へお届けしています。年間150回を超える演奏会を中心に、「音楽を通して文化の発信、感動の共有」をテーマに掲げ、文化の成熟が社会のより一層の発展にとって欠くことができないものである、との理念のもと活動しています。
当社グループではこの活動に賛同しこれからも支援を継続してまいります。

日本フィルハーモニー交響楽団

芸術活動への支援

※日本スペインギター協会は、日本とスペイン両国のギター音楽交流を促進するために発足したスペイン大使館公認の全国組織による任意団体。2016年から同協会が主催するコンクールの特別協賛企業としてID賞を優勝者へ贈呈し、本場スペインでの研修機会を提供しています。

音楽活動への支援

csr_892x182
河野智美 八木大輔 横森由衣 平尾有衣 村岡苑子
横森由衣 八木大輔
河野智美 村岡苑子 平尾有衣

今後もメセナ活動を通じて多くの芸術家支援に取り組んでまいります。

その他の支援

当社グループでは、さまざまな支援活動を通じてよりよい安心と安全、多くの人たちの waku-wakuロゴ する未来を創造するべく支援をしております。

国連WFP協会への支援

当社グループでは、2007年よりWFP国連世界食糧計画を支援しております。当団体は、飢餓と貧困のない世界を目指して活動する国連唯一の食糧支援機関です。世界の11人に1人がいまだに十分な食料を得られない状況で生活しており、飢餓と貧困の連鎖を断ち切る事を目標に掲げ活動しています。当社グループではこの活動に賛同しこれからも支援を継続してまいります。

World-Food-Programme

献血サポーター企業に認定されました

ID Group献血DAYの様子が日本赤十字社HPに掲載されています。

IDグループは、医療に必要な血液を安定的に確保するために、献血に積極的に協力してまいります。

日の丸セーラーズ支援

創立50周年記念事業として、日本セーリング連盟「日の丸セーラーズ」のオフィシャルスポンサーとなり、同団体を支援しています。東京オリンピック競技種目であるセーリング日本代表選手の強化支援、運営サポートのほか、海岸近辺の清掃ボランティアを行っております。


日の丸セーラーズ

地雷処理活動の支援

当社グループでは、認定特定非営利活動法人 日本地雷処理を支援する会JMAS(Japan Mine Action Service)パラオを支援しております。当団体は、パラオ共和国の周辺海域におけるERW(爆発性戦争残存物)を処理し、安全な生活環境および地域経済活動環境を整えることを目的に活動しています。

地雷処理活動 JMASロゴ

日本フィランソロピー協会への参加

現代日本を取り巻く「社会課題の解決」を支援するため、公益社団法人 日本フィランソロピー協会を通じ、「子ども食堂」にお米・絵本・毛布等を寄付しています。